ジャパドットでは2018年11月より訪日中国人向けQR決済システム(QFPay)の取り扱いを開始しました。

中国最大規模のオンライン決済サービスAlipay(アリペイ)をはじめ中国最大のSNSであるWeChat(ウィーチャット)が提供するスマホ決済サービスWeChat Pay(ウィーチャットペイ)、銀聯(ギンレン)が提供するUnionPay(ユニオンペイ)に対応しています。

<おすすめポイント>ジャパドットがご紹介するQR決済システム(QFPay)の特徴は中国人向けだけではなくオールインワンで台湾、韓国、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイ、香港の東南アジア各国の決済システムに拡張致します。